2人にとって一生の思い出に残る結婚式。結婚式の準備の段階から、様々な共同作業を通して2人の絆を深めていくことになります。その中のひとつが、招待状を作ることです。招待状を作る際には、以下のようなポイントを押さえておくことが好ましいと考えられます。

宛名など小さいミスも見逃さない事

宛名が一字間違っているだけでも、相手方としてはあまりいい気分はしないもの。また、基本的なマナーを把握できていない招待状も、受け取る側としては多少なりともストレスを感じるものです。故に、宛名、マナーなど小さなミスも見逃さないように、注意しながら丁寧に招待状を作成することがまずは大切になると考えます。もちろん、式場側に招待状の作成を任せるというのもひとつの手です。

招待状以外の同封物も大切

招待状以外の同封物、例えば出欠の返信はがきなどの他にも、2次会の会場案内や、当日の服装について、手書きの出席依頼のメッセージなど、細やかな配慮に富んだものを同封することで、相手方に与える印象が大きく異なると考えられます。

スケジュール管理をしっかりと

招待状の作成以外にも、結婚式には準備することが沢山あります。故に、招待状の作成もしっかりスケジュール通りに進むように2人で管理することが望ましいでしょう。手作りならば、数か月前から送る範囲を決めたり、招待状の中身を推敲したりすることが必要になるかもしれません。

これらのようなポイントを、結婚式招待状を作る際に大切になることとして挙げてきました。2人にとって一生の思い出になる結婚式にするために、招待状の作成もソツなくこなすことが肝要です。
結婚式招待状を送る際の「宛名書き」で注意すべきこと